医師によって使う溶剤の量は違うの?

脂肪溶解注射で使う溶剤の特徴をチェックしよう

理想的なスタイルを目指すために、クリニックで脂肪溶解注射の施術を希望する女性は多くいますが、失敗を防ぐためにカウンセリングで効果やリスクについてしっかりと把握をすることが大事です。また、医師によって施術の際に使う溶剤の量に違いが出ることもあり、担当の医師に全身の皮下脂肪の状態や体質などをチェックしてもらうことで、ベストな施術を始めることが可能です。特に、皮下脂肪がそれほど多くないパーツについては、溶剤の量を最小限に抑えることで、術後の仕上がりが美しくなることがあります。もしも、脂肪溶解注射の際に用いる溶剤の成分や安全性にこだわりがあれば、医師に質問をしたりホームページなどから正しい知識を得たりすると良いでしょう。

安全な脂肪溶解注射の施術が受けられるクリニックの探し方

安全に脂肪溶解注射の施術を受けたい場合には、同年代の女性の患者の成功事例の多いクリニックを探すことがおすすめです。特に、太ももやふくらはぎ、ウェストなどの周辺の皮下脂肪は、年齢の経過に伴って固くなってしまうことがあるため、早いうちに脂肪溶解注射を希望することで、全身のプロポーションを改善することができます。また、肌のかさつきなどが気になる場合には、術後の負担を軽くするため、脂肪溶解注射の施術の際にジェルやクリームなどを使ってケアをしてもらうことが大事です。その他、通院先の候補を決めるため、清潔な医療機器や注射器などが揃っているクリニックを選んだり、主治医の経験や症例数などに注目してみましょう。